RightRise/HYIP鬼速倍増法

ビットコイン投資情報ブログ。RightRiseとXABOとX-Binary等で資産を鬼速で倍増させています。 掲載されてる投資情報は私の運用履歴であり、成果を保証するものではありません。投資は自己責任で実施お願いします。

Read Article

RightRise(ライトライズ)投資完全ガイド

RightRise(ライトライズ)投資完全ガイド
基本的考え方
・ビットコインはついに100,000円の大台に突入しましたが、2017年度中には200,000円に値上がりすると言われております。そういう意味だとビットコインは資産として保有することだけでも大いに意味があると思います。
・更に現在RightRiseやビットリージョンの様なビットコインベースの日利1%を超える投資サービスが始まっております。こういうサービスに投資することによりビットコイン資産を爆発的に数10倍に増やすことが可能になります。

ビットコインの投資サービスではビットリージョンが有名ですが、
筆者は現在RightRise をメインに投資しています

RightRise 投資完全ガイドという大仰なタイトルをつけましたが、RightRiseの基本的な全体像をまとめました。
是非参考にしていただければありがたいです。

筆者が現在一押しのビットコインの投資サービスがRightRise(RightRise.com)です。

ビットリージョンは日利1%ですがRightRiseは日利が1~3%で金利が高いことと、
複利で運用する場合にビットリージョンは20日単位で回さないといけませんがRightRiseは毎日複利で運用出来ます

月単位とか年単位とかではなくRightRiseの様に日単位で複利で回すと、それはそれは恐ろしい勢いで資産が増えていきます

毎日複利運用が出来るRightRiseは超超おすすめです。

このページではこの脅威の高収益プログラム(hyip)であるRightRiseの攻略法について記述させていただきます。

なお投資はくれぐれも自己責任での運用をお願いいたします

RightRiseは始まったばかりのサービスであり、来月なくなるかもしれません。
1年続くかもしれません。5年続くかも知れません。
それは誰にもわかりません。

ただ、私は一気に資産を増やせる可能性にかけて、私自身の自己責任でRightRiseへ投資をしております。

RightRiseに投資して勝ち組になる!!
     ↓

RightRiseとは

RightRiseは速度違反検挙の高速カメラを取得して罰金から利益を得ているRightRise.comにインターネットを通じて投資するプログラムです
株を購入する形になりますが、配当については毎日引き出しが可能となっております。

  • Right Riseは英国政府と契約し、速度違反を取り締まりって徴収した罰金の40%を得ており、その中の一部を投資者にバックするスキームになります。
  • 株券が発行されるわけではありませんが、Right Rise社の株を買うことで毎日配当を得られるという形になります。
  • BitCoinだけでなくPayeer, Advanced Cash, Perfect Money, NixMoney, LiteCoinからも入金可能です。
  • 最低投資資金 1株=約0.04BTC(約4500円ぐらい)の単位で購入が可能です。
  • 配当     日利 1.0~3.0%変動。筆者の実績だと2016年11月は平均すると約1.5%でした。毎日引き出し可能
  • 元本はおろせませんが、日利1.5%だと67日で回収可能です。それ以降続ければその後の配当は全て利益になります。
  • 紹介プログラムがあり、これにより配当を得ることが可能です。積極的に紹介すればこちらからの収入(配当)も結構魅力的です。
  • 筆者が一押しなのは複利運用です。わざわざ引き出して再入金しなくても簡単な操作で配当分を元本に再組込は可能です。毎日複利で運用すると1年でなんとなんと229倍になります。1万円が229万円、10万円だと2290万円になります。
  • RightRiseのサービスが1ケ月保つのか、1年保つのか、10年保つのかは保証は出来ません。

RightRise(ライトライズ)の複利運用のすごさについて

RightRise(ライトライズ)を複利で運用するとスゴイことになります。
ただ複利で運用して我慢するのも結構つらいのも事実ですが。。。

100万円をRightRise(ライトライズ)で複利運用すると元本はいくらになるか

RightRise(ライトライズ)の日利は平均1.5%です。
複利で運用すると毎日1.015倍づつ増えていくことになります。

100万円を複利運用しないと元本は100万円のままです。

100万円を1ヶ月複利運用すると
元本は156万円になります。(100万円×1.015の30乗)

100万円を2ヶ月複利運用すると
元本は244万円になります。(100万円×1.015の60乗)

100万円を3ヶ月複利運用すると
元本は381万円になります。(100万円×1.015の90乗)

100万円を4ヶ月複利運用すると
元本は596万円になります。(100万円×1.015の120乗)

100万円を5ヶ月複利運用すると
元本は933万円になります。(100万円×1.015の150乗)

複利運用中は手元には1円も配当は入らないのでご注意下さい。

CASE1 100万円を複利運用しないで投資する場合

元本100万円
1ケ月の配当45万円(100万円×1.5%×30日)

1月目累計配当  45万円(55万円の赤字)
2月目累計配当  90万円(10万円の赤字)
3月目累計配当  135万円(35万円の黒字)
4月目累計配当  180万円(80万円の黒字)
5月目累計配当  225万円(125万円の黒字)
6月目累計配当  270万円(170万円の黒字)

CASE2 100万円を100万円を1ヶ月複利運用して投資する場合

元本100万円
1ケ月の配当45万円(100万円×1.5%×30日)

元本156万円
1ケ月の配当70万円(156万円×1.5%×30日)

1月目累計配当   0円(100万円の赤字、但し元本は156万円に)
2月目累計配当  70万円(30万円の赤字)
3月目累計配当  140万円(40万円の黒字)
4月目累計配当  210万円(110万円の黒字)
5月目累計配当  280万円(180万円の黒字)
6月目累計配当  350万円(250万円の黒字)

CASE3 100万円を100万円を2ヶ月複利運用して投資する場合

元本100万円
1ケ月の配当45万円(100万円×1.5%×30日)

元本244万円
1ケ月の配当109万円(244万円×1.5%×30日)

1月目累計配当   0円(100万円の赤字、但し元本は156万円に)
2月目累計配当   0円(100万円の赤字、但し元本は244万円に)
3月目累計配当  109万円(9万円の黒字)
4月目累計配当  219万円(119万円の黒字)
5月目累計配当  329万円(229万円の黒字)
6月目累計配当  438万円(338万円の黒字)

CASE4 100万円を100万円を3ヶ月複利運用して投資する場合

元本100万円
1ケ月の配当45万円(100万円×1.5%×30日)

元本381万円
1ケ月の配当171万円(381万円×1.5%×30日)

1月目累計配当   0円(100万円の赤字、但し元本は156万円に)
2月目累計配当   0円(100万円の赤字、但し元本は244万円に)
3月目累計配当   0円(100万円の赤字、但し元本は381万円に)
4月目累計配当  171万円(71万円の黒字)
5月目累計配当  343万円(243万円の黒字)
6月目累計配当  513万円(413万円の黒字)

CASE5 100万円を100万円を4ヶ月複利運用して投資する場合

元本100万円
1ケ月の配当45万円(100万円×1.5%×30日)

元本596万円
1ケ月の配当268万円(596万円×1.5%×30日)

1月目累計配当   0円(100万円の赤字、但し元本は156万円に)
2月目累計配当   0円(100万円の赤字、但し元本は244万円に)
3月目累計配当   0円(100万円の赤字、但し元本は381万円に)
4月目累計配当   0円(100万円の赤字、但し元本は596万円に)
5月目累計配当  268万円(143万円の黒字)
6月目累計配当  536万円(436万円の黒字)

そもそもRightriseの日利1~3%と怪しくないのかとお思いの方

現状の銀行金利に慣れてる我々からすると日利1~3%って怪しくないのかと思うかもしれません。

でもこの金利は私は十分ありえると思います。

銀行の場合は、我々から貰ったお金を他人貸し出す”差額でもうかっているビジネス”です。
例えば銀行が企業に年利3%を貸し出してるとしたら、銀行に預けても年利3%以上は絶対出てこないわけです。銀行が自社での利益や従業員の給料(結構高いかも)やATM等を抜いた結果年利0.02%みたいな世界が出来上がっているわけです。
銀行が他人に年利3%で貸し出している限り、預金金利は年利3%以上になれないわけです

それに対しRightriseは企業への直接投資です。

1万円投資した金額がもし仮に100万円生み出してるとしたら、そのわけまえを日利1~3%で投資者に返しても別に変では無い気がします。(100万円は私の仮の設定なのであしからず。)

しかもネットを通じて小口の資金を短時間で企業側が調達したとしたら企業側もメリットが大きいわけです。

さらに企業自身がお金を調達すればするほど儲かるとしたら、どんどんやるわけです・

そういう意味で日利1~3%は論理的にはありえると思いました。

実際はどうかわかりませんが、私はそう解釈してRightriseに現在投資しています。

RightRiseの申込みはこちらから
     ↓

RightRiseの登録方法

RightRiseは以下から登録可能です。

以下をクリックしてください。

そうすると以下のサイトに移動します。

「Sign UP」と言うところから登録ください。

「Create login」でIDを入力してください。

「create password」でパスワードを入力してください。

「Repeat password」でパスワードを再度入力してください。

「Your E-mail」であなたのE-mailを入力してください。

「Repeat E-mail」でE-mailを再度入力してください。

「Accept terms of service」にチェックマークを入れたら
「SIGN UP」を選択してください。

これで登録は終わりです。

RightRiseの紹介制度

RightRiseでは2つの紹介制度(アフィリエイトプログラム)があります。

【標準のプログラム】

紹介した人の投資金額によって6番目のレベルまでの報酬のバックがあります。
1番目レベルで10%。
2番目レベルで5%。
3番目レベルで2%。
4番目レベルで1%。
5番目レベルで1%。
6番目レベルで1%。

【代表者のプログラム】

紹介した人の投資金額によって6番目のレベルまでの報酬のバックがあります。
1番目レベルで25%。
2番目レベルで5%。
3番目レベルで2%。
4番目レベルで1%。
5番目レベルで1%。
6番目レベルで1%。

RightRiseは代表者という言葉を使ってますが、特別なアフィリエイターと解釈していただければいいかと思います。

代表者になるために、以下が必要とのことです。

1)新規に入金した費用で設備の50株を買うこと、
2)自分で獲得した報酬からの再投資で30株を買う事
3)獲得した紹介者が10人以上アクティブであること
4)紹介制度(アフィリエイトプログラム)で1000ドルの報酬を得ること、

RightRiseの申込みはこちらから
     ↓

RightRise(ライトライズ)投資での留意点

RightRiseに預けた場合の利回りはほぼ月45%であり、これは勝率100%である。
全員勝てるということ。

株やギャンブルのとは違い負けが無いということ。

但し、2つのリスクはある。

RightRise(ライトライズ)が破綻してしまった場合は夢の月45%配当はもらえないということ。

RightRise(ライトライズ)は元本は戻ってこないので、最初の2ヶ月は元本回収になり、その後3ヶ月目から配当が利益として積み上がって行くということ。

上記2つのリスクはあります。

上記のリスクを理解した上で、投資は自己責任でお願いします。

RightRiseの申込みはこちらから
     ↓

RightRise(ライトライズ)の配当状況

リスクを理解した上で、投資は自己責任でお願いします。

RightRiseの申込みはこちらから
     ↓

Return Top