RightRise/HYIP鬼速倍増法

ビットコイン投資情報ブログ。RightRiseとXABOとX-Binary等で資産を鬼速で倍増させています。 掲載されてる投資情報は私の運用履歴であり、成果を保証するものではありません。投資は自己責任で実施お願いします。

Read Article

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社設立の意義と日本でのビットコイン本格普及の予感

SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社設立の意義と日本でのビットコイン本格普及の予感

SBIホールディングス株式会社がSBIバーチャル・カレンシーズ株式会社を設立し、仮想通貨の交換及び取引サービスを提供すると発表しました。

これは日本での仮想通貨(暗号通貨)の普及には、大きくプラスになる話ではないかと思います。

スポンサードリンク


SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社の概要

【SBIバーチャル・カレンシーズの概要】

  • 商号 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
  • 所在地 東京都港区六本木1-6-1
  • 事業内容 仮想通貨の交換・取引サービス、システムの提供
  • 設立年月日 2016年11月1日(予定)
  • 資本金 3億円(資本準備金を含む)
  • 代表者 北尾 吉孝、齋藤 亮

商号(会社名)に”バーチャル・カレンシーズ”と”仮想通貨”を冠しており、SBIホールディングス株式会社の本気度が伺えますね。

なお日本では”仮想通貨”と言う言葉を使われますが、世界では”暗号通貨”という使い方が一般的です。

なので、英語でも通常は”クリプト・カレンシーズ(Crypto Currency)”という単語が使われます。

ただ”SBIクリプト・カレンシーズ”と言う名前にすると何の会社かわからないので、”SBIバーチャル・カレンシーズ”という会社名にしたのだと思います。

設立趣旨は

このような環境変化を背景とし、当社は投資家の多様なニーズに応え、新しい価値資産の運用機会を提供するべく、仮想通貨の取引所運営事業に参入することとしました。SBIバーチャル・カレンシーズでは、SBIグループ各社向けに仮想通貨の交換および取引サービスを提供するほか、さらには国内外の仮想通貨取引所との連携を通じ、取り扱う仮想通貨の種類の充実や仮想通貨を用いた発展的なサービスの開発を順次進め、投資家の新たな投資機会の創造に努めてまいります。

だそうです。

箇条書きで書き出すと

・仮想通貨の取引所運営事業に参入
・SBIグループ各社向けに仮想通貨の交換および取引サービスを提供
・仮想通貨を用いた発展的なサービスの開発

ですね。

仮想通貨の取引所運営事業に参入だけだとBtoCという感じですが、SBIグループ各社向けに仮想通貨の交換および取引サービスを提供ということで、まずは自社グループとは言え
仮想通貨をBtoBに普及させるという強い意思を感じますね。

発表の詳細は以下をご覧ください。

2017年は日本でのビットコインや仮想通貨(暗号通貨)本格普及の年

日本ではマウントゴックス社の破綻でビットコインや仮想通貨(暗号通貨)が認知した人がお多かったたため、仮想通貨(暗号通貨)にマイナスのイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

そのため、他の先進国に比べ、仮想通貨(暗号通貨)の普及がかなり遅れていました。

しかし最近ビットコインで使われる技術”ブロックチェーン”等の技術が新聞等を賑わす様になり、ビットコインや仮想通貨(暗号通貨)に対するマイナスイメージが払拭されてきているのではないでしょうか。

筆者は
2017年は日本でのビットコインや仮想通貨(暗号通貨)本格普及の年になる
と思っています。

2017年にビットコインや仮想通貨(暗号通貨)が本格普及する前に、2016年の今ビットコインや仮想通貨(暗号通貨)に投資や参入することが、個人でも企業でも先行者利益を得ることになるのではないかと思います。

ビットコインを入手するには?

それでは個人がビットコイン入手すれにはどうしたらいいのでしょうか?

個人がビットコインを入手する方法については、別稿でまたご紹介いたします。

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。
渋谷 ハロウィン 2016の楽しみ方、攻略法

スポンサードリンク


Return Top